top of page

イチゴ栽培の管理

○イチゴの鉢の置き場所


 南側のできるだけ暖かい場所に置いてください。必要であれば、簡易温室を利用したりするのも一つです。それぞれの栽培環境や条件によっても違いますが、たとえば、家の壁が比較的明るい色であれば、壁面近くにイチゴの苗を植えたプランターや鉢を置いて、太陽からの直接光だけでなく、壁面の反射を利用するというのも良い方法です。

 太陽からの直接の光と、壁面からの反射でイチゴの苗を温めることができますから、南向き以外の場所でも暖かい環境を作り出すことができるようになります。他にも置き場所を工夫することで、暖かい環境を作り出すことができると思いますので、いろいろ試してみてください。


○イチゴの肥料の選び方と与え方


イチゴを元気に、そして丈夫に育てて、甘い果実を収穫するためには、肥料の選び方と与え方を知ることがとても重要です。

 基本的に、イチゴの甘さやおいしさは、肥料次第で決まります。とはいえ、どんな肥料をどのタイミングで、どのくらい与えれば良いのかを掴むには、それなりの試行錯誤や経験が必要になりますから、初めてイチゴを育てる方は、まずイチゴ専用の配合肥料を使ってみましょう。

 イチゴ専用の配合肥料には、イチゴがすくすくと育って、甘い実を収穫するために必要な栄養や、病気に対する抵抗力を高めるために必要な成分が、バランスよく配合されていますので、それぞれのパッケージに書いてある与え方や注意事項に従って、使っていただければ大丈夫です。


 肥料を与えるタイミングには、大きく分けると、植え付け前に土に混ぜ込む”元肥(もとひ・もとごえ)と、

栽培の途中で与える”追肥(ついひ)”とがあります。

 元肥として与える肥料は、植物の種類を問わず、ゆっくり効き目が現れる”緩効性肥料”と呼ばれるタイプの肥料を使います。元肥は、直接植物の根に触れると障害が現れやすくなりますので、基本的には培養土に混ぜ込んだ後、その上に数センチほど肥料を含まない培養土を被せて、その上に苗を植え込みます。

 次に追肥は、比較的早く効果の現れる液体肥料などが一般的で、園芸店やホームセンターなどに並んでいる、土に挿すだけのアンプル剤なども追肥用の液体肥料です。もちろん固体の肥料もありますので、用量や使用頻度を正しく守って使う限り、どちらを選んでも大丈夫です。


○イチゴ(苺)の人工授粉の方法


イチゴの花が咲いたら、より確実に果実をつけさせるために、人工受粉を行います。イチゴの花は、本来、虫たちの力を借りて受粉を行う植物です。イチゴの花に集まってきた虫たちが、他のイチゴの花へと移っていく過程で、虫たちの体に付いた花粉も一緒に運ばれて受粉するというわけです。このように虫たちを媒介して受粉を行う花たちを、”虫媒花(ちゅうばいか)”といいます。

 ところが、イチゴを栽培している地域や場所によっては、せっかくイチゴの花が咲いても、なかなか虫たちが集まって来てくれない場合もあります。たとえば、都市部や市街地の高層マンションのベランダなどがそうですね。

 そこで、虫たちの代わりに、受粉を助ける作業が必要になります。そのための作業が人工受粉です。

人工授粉の作業自体は、難しい事ではありません。毛先の柔らかい毛筆用の筆や綿棒などを使って、咲いているすべての花の中心付近を、順番に軽く撫でてあげるだけで完了です。筆の毛先が虫たちの代わりというわけですね。受粉をより確実にするために、この作業を数回繰り返しておくと安心です。


○成長期のイチゴ(苺)の管理方法


成長期のイチゴの管理方法には、いくつかの大切なポイントがあります。

イチゴの苗を病害から守るために、雨に当てないように気をつけておきましょう。雨はイチゴなど