いちごジャムが

できるまで。

 

100%手作りの

 

いちごの家のジャム

昨年より、たくみの里いちごの家で販売しているいちごジャム。実は、近くのフルーツ農園「ドール」さんでキッチンを借りて手作りしています。

 

今年も個数限定で販売することになりました。

 

今回は、どのようにしてこのいちごジャムが作られているのか?をドドンとご紹介致します!

 

いちごジャムづくりに潜入!!

「ドール」さんの中に入ると…綺麗なキッチンを発見!

 

この中の奥に進むと…

 

ありました!

 

この厨房でどうやら、

いちごジャムは作られているようです。

 

白い湯気が立ち込める中、真剣にジャムと向き合う

スタッフを発見!!

 

最初の準備

高温!!の機械があります。

なんと、ジャムを入れる容器と蓋を

全部入れて熱消毒をします。

取り出すのも、100度の蒸気がむわっと立ち込めます。

 

アッチッチ!!

 

これで容器の準備はできました。

つづいて、レモンを半分に切って、先に絞っておきます。

 

こし器に入れてスプーンで押しながら濾すと、きれいにできます。    

一から自分の手で絞ります。

いよいよ

いちごジャムづくりスタート♪

 

 

 

 

 

 

材料は、

大切に育てた雪どけ苺を凍らせたもの。

10キログラム使います。

 

撹拌機の中へ入れていき、木べらで混ぜます。

一気に入れずに少しづつ入れないと苺が飛んでいきます。

ポイント!

しばらく混ぜると、なにやらピンク色の泡が出てきました。

ご存知「アク」です。

お玉で、丁寧にすくって水の入ったボールに移します。

この作業はしばらく続けます…。

アクを抜くと、ジャムの見た目も綺麗になるし、

鍋が焦げないそう。

ポイント!

しばらく混ぜて…

続いて砂糖を少しづつ加えて、混ぜ、アク抜き。

 

砂糖を全て加えた後に最後にレモン汁を加えてアク抜きをします。

砂糖は、いちごの量の40%分加えます。

レモンは10キログラムのいちごに対し、8個使います。

ポイント!

1時間以上アクを取りながら、混ぜていくとペースト状にだんだんとなってきました。

 

水の中に、ジャムソースをポタッと落として状態を確認しつつ、
良さそうな段階で火を止めます。

水の中にソースを入れたとき、上画像の左はふわっとしてますが、右側は飴状になって水に溶けにくくなっています。

これで、ようやく完成です。

ポイント!

できあがった、鍋のソースをお玉を使って一瓶、一瓶に入れていきます。

 

機械ではなく、人の手で入れる作業なのです。

完成? 

いいえ。 まだ、終わってません!

最後の一手間!

いよいよ最終段階!

蓋をしたジャムを100度の高温機械の中へ20分。

取り出して、「脱気」という作業が終わったら、最後にもう一度20分、機械の中へ入れます。

脱気は、空気を抜く作業。高温機械で圧力をかけられ、

少し蓋を緩めて、最後締め直す作業です。「ポン!」「プッシュ」

と音がしたら、空気が抜けた証拠です。

ポイント!

できたて。 

できたてを味見。美味しい!の一言。

後は、シールを貼れば完成。

 

100%手作りで作ったいちごジャム。

パンやヨーグルトとの相性も抜群。

いちごの実がまるごと入っている瓶も中にはあります。

この度はいちごジャムづくりを100%公開しました! 個数限定で販売しています♪

 

お知らせ

Please reload

スタッフの声

今までたくさんというか1年かけて研修してきてたくさん勉強して、いよいよ本番です。美味しいいちごを作るぞ!というワクワクする気持ちと本当に出来るかという不安でいっぱいです。

安部 則幸 / 代表

お問い合わせ:

〒379-1417

群馬県利根郡みなかみ町東峰396

営業時間:

  夏期 7月20日~11月末まで

  10時 - 17時(火曜休・お盆除く)

  冬期 12月1日~7月19日まで

   9時 - 16時(火曜休み)

© 2015-2019 by たくみの里いちごの家